ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

上位争いは大混戦!アマ14歳の植竹が3位タイ

2013/04/13 15:23

◇国内女子◇スタジオアリス女子オープン 2日目◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)◇6,444ヤード(パー72)

大会2日目、首位と4打差21位タイからスタートした酒井美紀が6バーディ、1ボギーの「67」をマークして、韓国の黄アルムと並び、通算3アンダーの首位タイに浮上した。

<< 下に続く >>

1打差、通算2アンダー3位タイには、この日4ストローク伸ばしたアマチュアの植竹希望、今季1勝を挙げている堀奈津佳、初日首位発進の中村香織金ナリほか服部真夕の5選手、さらに通算1アンダーの8位タイには北田瑠衣櫻井有希ら4選手が並び、上位争いは僅差で混戦の最終日を迎える。

そのほか、ディフェンディングチャンピオンの佐伯三貴は1バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「74」とスコアを落とし、通算2オーバーの20位タイに後退している。

<世界最年少優勝なるか!?植竹希望が記録に挑む>

この4月に中学3年生になったアマチュアの植竹希望(うえたけ・のぞみ)が、首位と1打差の通算2アンダー、3位タイで最終日を迎える。昨年、主催者推薦選考会に2試合、さらに「日本女子オープン」の予選会にも挑戦したが、敢えなく本戦出場を果たせず、今大会の予選会通過が自身初。従って、今回がプロのトーナメント自体初出場となる。

「昨日はすごく緊張しました。今日は少し落ち着いてプレー出来ました」と話す植竹は、6バーディ、2ボギーと4ストローク伸ばした。2つのボギーは「3パットでした。17番は自分の順位を知らずにグリーンまで行ったのですが、ボランティアの方から『首位だよ』って教えてもらっちゃいまして。変に力が入ったのか1.5メートルのパーパットを右に押し出してしまいました」と反省の弁。

「でも、その方は親切で教えてくださいましたので、冷静にプレー出来ない私が未熟なんです。その辺のメンタル面もですが、プロの方々とは技術が違いますので、明日はパープレーを目指して、楽しめるように頑張ります」と人のせいにはせずに、謙虚に言葉を選びながら丁寧に話す。

明日、14歳と259日を迎える植竹は、2006年に金田久美子が14歳269日という記録を作った最終日、最終組の最年少記録を更新する。そして、逆転優勝を果たすことになれば、国内女子ツアーでは昨年にキム・ヒョージュ(韓国)が記録した16歳332日でのアマチュア優勝を遥かに更新する。そして世界に目を向けると、2012年に豪州女子ツアーの「ニューサウスウェールズ女子オープン」でリディア・コー(ニュージーランド)が記録した14歳280日をも塗り替える世界最年少記録となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!