ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

若林舞衣子がツアー初勝利! 茂木はホームコースで勝利を飾れず

群馬県にある赤城カントリー倶楽部で開催されている、国内女子ツアー第30戦「SANKYOレディースオープン」の最終日。朝から爽やかな快晴に恵まれ、昨日のような強風も吹かなかった。穏やかな天候にも誘われ、会場には6千人を超えるギャラリーが熱戦を見守った。

単独首位からスタートした地元・群馬県出身、開催コースに所属する茂木宏美は、7番まですべてパー、8番ではボギーを叩くなど伸び悩む展開に。一方、2打差の3位からスタートした若林舞衣子は、出だしの1番でチップインバーディ、その後もバーディを積み重ね、10番でバーディを奪った時点で通算6アンダー。茂木を抜き、単独首位に浮上する。

茂木はその後、2バーディを奪うも2ボギーを叩き、2バーディ、3ボギーの「73」でホールアウト。「周りの人たちが本当に応援してくれていたので、勝ったところを見せたかった。その気持ちが強すぎて空回りしてしまった」と、惜しくもホームコースでの勝利は果たせなかった。

若林は最後まで優勝争いの重圧に屈することなく、13番、17番でもバーディを奪取。最終的には2位に3打差をつけ、通算8アンダーで嬉しいツアー初勝利を挙げた。昨年のプロテストに合格した若林は、今年がツアー本格参戦1年目。「(優勝を)目標としていたが、もっとつらい思いをして勝ち獲っている人もたくさんいる。自分はまだ(プロ転向後)1年ちょっとだし、早い方だと思う」。20歳と125日での優勝は、国内女子ツアー史上6番目(1位は宮里藍の18歳と262日)となる記録となった。

茂木は通算5アンダー、李知姫(韓国)と並び2位タイ。通算3アンダーの4位タイには、ニッキー・キャンベル(オーストラリア)と上原彩子が並んだ。また、古閑美保は上がり4ホールで3ストローク落とし、佐伯三貴らと並び通算2アンダーの6位タイ。横峯さくらは2バーディ、2ボギーと伸び悩み、通算1アンダーの10位タイで終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。