ニュース

国内女子アピタ・サークルK・サンクスレディスの最新ゴルフニュースをお届け

坂東貴代が首位キープ、米山みどりが1打差で追う

国内女子ツアー「アピタ・サークルK・サンクスレディス」2日目。初日首位に立った坂東貴代が、今日も1アンダーの71で回り、トータル5アンダーで単独首位をキープ。先週優勝の疲れからか、体調が思わしくなかったようだ。
「今日は朝から体が思うように動かなかった。ナイスショットが無いわりには、よく耐えたと思う。グリーンが重いのは分かっていたが、ロングパットが打ち切れず危ない場面が2度ほどあった。しかしパーで何とかこらえることが出来た。明日は、首位であることを意識せずに頑張りたい」。

2位はディフェンディングチャンピオンの米山みどり。出だし4ホールで3回ボギーを叩く苦しい立ち上がりだったが、その後はボギーなしの5バーディでトータル4アンダーとし、首位の坂東とは1打差の好位置につけた。
「昨日(初日)は、苦労しながらも1番、2番ホールで何とかパーセーブした。しかし今日は連続ボギーとしてしまった。ここで我慢しないとスコアは伸びない。序盤はどこまでスコアが崩れるのかと焦った。13番ホールでティショットを右に曲げて、急な斜面に行ってしまい、そこに確認に行く途中に滑って両手をついた時に背中を痛めた。これで目が覚めたのか、その後のバーディ(14、15、18番)につながった。ショットの調子はいいので、明日はどれだけ自信を持ってできるかだと思う」。

また、最近調子の良い久保樹乃がスコアを2アンダーまで伸ばし、トップ3打差の7位に浮上してきた。
現在、首位と5打差以内には10選手がいる。このところ女子ツアーでは逆転劇が続いているだけに、より多くの選手にチャンスはあると言えよう。明日の展開に注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 アピタ・サークルK・サンクスレディス




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!