ニュース

国内女子ヴァーナルレディースの最新ゴルフニュースをお届け

4アンダーで日吉久美子が首位、1打差には東尾理子がつけている

国内女子ツアー「ヴァーナルレディース」が、福岡センチュリーゴルフ倶楽部で開幕した。初日は曇り空の中、日吉久美子が5アンダーをマークし、単独首位に立った。

「今日はパターがよく入ってくれましたね。昨日のプロアマでもまったく入らず、ゲストの方には迷惑をかけたけど、十分練習させてもらった感じですね」スタートの1番ホールで3メートルのバーディパットを決めると3、4番で連続バーディを奪った。

「ここのグリーンはちゃんと打ったらちゃんと転がってくれるグリーン。自分とは相性いいと思っている」12番では10メートルのバーディパットを沈めるのど、パターが好調で7つのバーディを奪った。

そして4アンダー単独2位につけているのが東尾理子だ。5バーディ、1ボギーという内容でラウンドした東尾は、「今日一日ショットが良かった」という。

今週東尾のキャディバッグを担いでいるのは男子ツアープロの野上貴夫。九州同士で昔からつながりがあるが、今週は野上の方からキャディの話があったそうだ。野上は1999年にシード権を奪ったが維持できず現在はチャレンジツアーに出場している。

「やはりラインの出し方や風向きの見極め方が大きな助けになった。アドバイスの安心感が気持ちよくプレーできたと要因だと思う」残り2日も気持ちよくスコアを伸ばせるか東尾のゴルフに注目したい。

また、2アンダー3位には先週ツアー記録で優勝した不動裕理など3人が並び、1アンダー6位には今シーズン絶好調の久保樹乃天沼知恵子などが並んでいる。

1800万円という高額の優勝賞金を争う大会だが、明日以降優勝争いは激しくなってきそうだ。

関連リンク

2002年 ヴァーナルレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~