ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

初メジャーまであと一歩、不動が2打差の首位キープ!

国内女子メジャー第1弾『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯』の3日目。決勝ラウンドに入り、上位は混戦になってきた。2日目に2位以下に3打差をつけて首位に立った不動裕理が、スコアを伸ばせず9アンダーで停滞したためだ。

2番ホールでバーディを先行させた不動だが、8番でボギーを叩くとスコアを伸ばしたい9番パー5でもボギーを叩いてしまった。後半は前日ボギーを叩いた12番でバーディを奪い勢いに乗るかと思われたが、その後はパープレーでホールアウト。辛うじて単独首位をキープした。

<< 下に続く >>

この日不動が伸び悩んだのは、同じ組でラウンドした2人のゴルフに影響を受けた感がある。同じ最終組でラウンドしたのは、初日首位から2日目に2位で並んだ大場美智恵と我妻こずえの2人。大場は3ストローク落とし16位に、我妻は4ストローク落とし23位まで後退してしまったのだ。

首位不動を一瞬捕えたのは、2週前の「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」で初優勝を果たした古閑美保だった。前半4つのバーディを奪い10アンダーで単独首位に立った。しかし11番でボギーを叩き13番パー5もボギー。15、16番で連続バーディを奪い再び9アンダーの不動に並んだが、最終18番でボギーを叩き8アンダー2位で最終日を迎えることになると思われた。

ところが、アテスト時に古閑からスコア訂正の申告が入った。13番で4オンしパーパットを打つ際、アドレスからインパクトの間にボールが動いたというのだ。15番ホールをプレー中に競技委員にそのことを話したが、13番をホールアウトした後だったので、そのままプレーを続けた。

スコアカード提出前の確認なので、競技委員を伴い現場検証した結果、動いたボールをリプレースしなかったということで、古閑に2打罰が科せられることになった。結果的に6アンダーの3位になったが、首位の不動とは3ストロークしかない。明日最終日も思い切って攻めてもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!