ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

不動の3連勝を止めたのは、李のシーズン3勝目!!

国内女子ツアー第10戦「We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント」が6月12日(木)から6月15日(日)までの4日間、兵庫県にあるジャパンメモリアルGC で開催された。初日から好スコア続出で、ハイレベルなスコアでの優勝争いが展開された。

最終日を14アンダーで迎えた韓国の李知姫に対し、4打差で追いかける台湾の魏ユンジェ。さらに、3試合連続優勝を狙う日本の不動裕理が猛チャージによる3人の優勝争い。アジア3国それぞれ代表格の実力を持つ選手の闘いになった。

不動は15アンダーでフィニッシュ。最終組の李と魏が16アンダーでホールアウトしプレーオフに突入。その1ホール目、2オンに失敗した李が、パターでチップインバーディを奪うと、2オンした魏が5メートルのバーディパットを外し決着がついた。

最終日の勢いは追いかける不動、そしてバーディを奪うたびに雄叫びを上げる魏に傾いていた。16番では首位の李が痛恨の池ポチャで一気に差が縮まると、17番で魏が4メートルのバーディパットを沈め16アンダーに追いついた。しかし、今シーズン2勝している李は、動揺することなく冷静なゴルフを続け3勝目を挙げている。

3試合連続優勝を狙う不動は、最終日を首位と7打差で迎えた。2番パー5でバーディを奪った後、7番ホールから5ホール連続のバーディを奪うなど7ストローク伸ばした。この日の不動はアイアンショットが計ったようにピンに絡み、バーディを奪ったホールは1メートル程度にピタリとつけた。

しかし3番から5番まで、約2メートルにつけたバーディパットを決められなかったため、2人に追いつくことが出来なかった。64ストロークはコースレコードタイであり、自身のベストスコアとも同じ。優勝こそ逃したが、その存在感を強烈にアピールしている。

また、この大会は5人のアマチュアが決勝ラウンドに残った。ベストアマになったのは4年連続で出場している宮里藍。ライバルの横峯さくらが最終日にスコアを崩したが、宮里は2ストローク伸ばし通算8アンダーの13位タイ。3年連続での受賞となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。