ニュース

国内女子ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

アニカ・ソレンスタム貫禄の9打差逃げ切り優勝!!

国内女子ツアー第5戦「ニチレイカップ」が、東京よみうりカントリークラブで開催された。今年の目玉は、やはり世界ナンバーワンのアニカ・ソレンスタム。そのソレンスタムが、2000年の大会でカリー・ウェブが記録した9打差に並ぶ大差で優勝を飾った。

最終日、2位に5打差でスタートしたソレンスタムは、1番ホールのティショットをフェアウェイ左サイドのバンカーに入れピンチを迎えた。アゴまでの距離がなく、さらに頭上には枝が張り出した状況でうまく脱出しパーセーブ。続く2番もアプローチが冴え、3、4番の連続バーディにつなげた。

9時30分のスタート時には穏やかだった風が出始め、その後はボギーを叩く場面もあったが、通算13アンダーでホールアウト。最終18番は2日連続のボギーになったが、危なげないラウンドだった。

表彰式が終わるころ、この時間まで待っていたかのように雨が降り始めた。ソレンスタムは次週は休養を取り、その翌週には米男子ツアーの「バンクofアメリカコロニアル」に出場する予定になっている。

4アンダーの2位には不動裕理服部道子など6人が並んだ。ディフェンディングチャンピオンの不動は、調子が上がらない状態だったが最後は帳尻を合わせ、日本の女王の意地を見せた。また、予選2日間と最終日にソレンスタムとラウンドした藤井かすみは、前半スコアを伸ばしたが、中盤連続ボギーでスコアを崩し3アンダー8位タイで終了している。

また、今大会はアマチュアの活躍も目立った。ベストアマに輝いたのは、通算アンダーで11位タイに入った横峯さくら。初日好スタートを切った宮里藍と同じ高校3年生のライバル対決は、6打差で横峯が制した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。