ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらが通算8アンダー単独首位!

◇国内女子◇LPGAチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6467ヤード(パー72)

今季のツアー優勝者と賞金ランキング上位25位以内の総勢30人による戦いは、2日目を終えて地元宮崎県在住の横峯さくらが、スコアを3つ伸ばして通算8アンダーの単独首位に浮上した。

6番で今大会初のボギーをたたいた横峯だが、パー5の2ホールを含む4つのバーディを奪い2位以下に1打差を付けて大会3日目を迎える。

通算7アンダー単独2位は横峯と首位で並んでいたイ・ボミ(韓国)。通算6アンダー3位タイは茂木宏美李知姫(韓国)、朴仁妃(韓国)の3人。通算5アンダー単独6位に辛ヒョンジュ(韓国)、通算4アンダー単独7位に2番パー5でイーグルを奪った笠りつ子が続いている。

前週の大会直前に今季の賞金女王を獲得が決定した全美貞(韓国)は、この日2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせず通算2アンダー12位タイと静かなゴルフが続いている。

<さくら、引き続きパットに好感触>
初日に引き続いてパットは好調。スタートホールの1番では2.5mのチャンスを逃してパー発進としたが、続く2番(パー5)では残り90ヤードの3打目からピン手前2mにつけたチャンスを確実に沈め、バーディを先行させる。

続く3番では、ティショットをフェアウェイに運んだものの、フェアウェイ右サイドに生える木の真裏に止まる不運。しかし、低いドローボールで木の右側からボールを回し、グリーン手前の花道まで運ぶナイスリカバリー。アプローチもしっかりと寄せてパーで乗り切り、同じ最終組で回るイ・ボミとの並走が続いた。

6番では、グリーン手前のカラーから「あそこのロングパットだけタッチが合わなかった」と、残り20mの3打目をパターで寄せきれずにボギーとするが、「あとは良い感じだった」とパットのリズムを乱すことなく9番(パー5)で4mを決めてバーディ。折り返し後も13番(パー5)で5m、17番で2mを入れてバーディを重ね、単独首位の座を射止めた。

ショットに関しては「左に行くことは無くなったけど、左を嫌がってヘッドアップし、右というケースが多かった」と、首位を走る今も課題とする部分は残っている。「最終的には自分を信じてスイングできれば、結果はついてくると思っています」と、自らへの期待を言葉にこめた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。