ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

不動裕理、雪辱へ向け首位発進

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 初日◇利府ゴルフ倶楽部(宮城県)◇6,498ヤード(パー72)

国内女子ツアー第27戦「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」初日、昨年フォン・シャンシャン(中国)に惜敗した不動裕理が5バーディノーボギーの「67」、通算5アンダーで金田愛子と並び首位スタートを切っている。

1打差3位タイに続くのは、そのシャンシャンと茂木宏美の2人。さらに1打差の通算3アンダーで酒井美紀服部真夕カン・スーヨン(韓国)、飯島茜の4人がつけている。今年初メジャータイトルを獲得した東北高校出身の有村智恵は、通算2アンダー。横峯さくら原江里菜佐伯三貴らと並んで9位タイとまずまずの位置で初日を終えている。

<不動、ロングパットが冴え渡り絶好のスタート>
昨年は単独首位から最終日をスタートしながら、フォン・シャンシャンに逆転で優勝を奪われた不動。東日本大震災から間もない中で行われた被災地での開催、不動もその意義を強く感じての出場だっただけに、無念の結末に悔しさを募らせたことだろう。

そして1年後、その雪辱を果たすべく絶好のスタート。「今日は短いバーディチャンスよりも、ロングパットが良く入ってくれた」と前半から長めのパットのタッチが冴え渡った。3番で4mを決めてバーディを先行すると、6番、7番(パー3)といずれも7mをねじ込んでの連続バーディ。折り返し後の11番(パー3)では4番ユーティリティからピンそば60センチに絡め、最終18番では10mを沈めてのバーディフィニッシュ。スーパーショットを交えながら5バーディを量産、ノーボギーで18ホールを完走した。

午前中は断続的に雨が降り、グリーンは止まりやすいものの「雨が降っているわりには下りが速い。前の組も3パットを打っているのが見えていた」と冷静にグリーン状況を把握。「今日は全部、上りにつけられたし、(スタートホールの)1番でショートしたことがきっかけで“強めにいこう”と切り替えられたのが上手いった」と、徐々にタッチの精度を高めていった。

今大会には、昨年と同じ特別な気持ちを抱き続けながらも「今年はまだ優勝もできていませんし、まずは自分の優勝を目指します」と掲げる不動。今年こそ、被災地への想いを18番グリーン上の表彰式で直接ギャラリーに伝えられるか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。