ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

佐伯三貴、李知姫が首位タイに並ぶ!有村は39位タイ発進

千葉県にある袖ヶ浦カントリークラブ・新袖コースで開催されている国内女子ツアー第11戦「ニチレイレディス」の初日、通算4アンダーで、佐伯三貴李知姫(韓国)が首位タイに並んだ。1打差の単独2位にはヤング・キム(韓国)が続いている。

先週の「サントリーレディス」で優勝争いを演じた有村智恵は39位タイのスロースタートを切る一方、同大会で今季2勝目を挙げたアン・ソンジュは、首位と3打差の11位タイと好スタートを切っている。

<ノーボギーの佐伯三貴が首位タイスタート>

1番パー5で幸先の良いバーディを奪った佐伯は、その後3つのバーディを奪い、ボギーを1つも叩かずに首位タイでホールアウトした。「今日はアプローチが良かったです。特にバンカーショットが」と話す佐伯は、ドライバーショットが安定していなかった。ラフから小さなグリーンを狙うことが多く「グリーン奥の深いラフに入れるよりも、バンカーの方が安全ということもあって、4ホールでバンカー狙いのショットをしました」という。そして、その4回のバンカーショット全てでピン1m程度に寄せることができたため、ピンチらしいピンチを迎えずにスコアを伸ばしてきた。

<首位タイの李知姫「早く1勝したい!」>

佐伯と並び首位に立ったのは、「全英リコー女子オープン」を辞退した李だった。「スコットランドは寒いし、(前週の)エビアンから出場すると、日本の試合も休まなければならないので。調子が上がってきているので、日本の試合に集中したかった」という李。今季は9試合中、7試合でトップ10入りを果たし、先週を含め3試合で2位タイに入るなど、いつ勝っても可笑しくない好調を維持している。「本当に早く1勝したいですけど、気持ちだけではできないし、チャンスが来たら掴みたい」と、今週も多いにチャンスがあると感じている李は2日目以降もスコアを伸ばしそうだ。

<朝一スタートのイ・ボミが4位タイの好位置>

10番ホールスタートのトップ組でラウンドしたイ・ボミ(韓国)が首位と2打差の2アンダー4位タイにつけた。「(雨で)コンディションは良くなかったけど、自分としては(スコアが)良かったと思います。でも、朝早かったのが少し辛いです(笑)」。特別朝が苦手というわけではないが、韓国ツアーで昨年賞金女王となったボミは、朝一でのスタートに慣れていない。日本ツアーでも優勝を期待する声も多いが「本当に優勝したいです。でも、気持ちが先に出ないように頑張ります」と、焦らずに自分のプレーを心がける。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。