ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

不動が首位発進! 上田が1差2位、藍は出遅れ

国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」が5月5日(木)、茨城県にある茨城GC西コースで開幕した。3アンダーで首位に立ったのは、先週ツアー通算50勝目を飾った不動裕理。好調をそのままキープし、混戦を一歩リードしている。

2アンダー2位タイグループには、イ・ボミパク・ヒヨンテレサ・ルーの韓国・台湾勢と、上田桃子服部真夕。さらに1打差の1アンダー7位タイには、アン・ソンジュ(韓国)、佐伯三貴ら5人が続いている。宮里美香はイーブンパーの12位タイ、横峯さくらは2オーバーの30位タイ。金田久美子有村智恵は3オーバーの41位タイ、宮里藍は4オーバーの63位タイと出遅れた。

<不動、貫禄の単独首位発進>

出場2試合で連続優勝中の不動裕理の勢いは止まらない。国内女子の今季初メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の初日、宮里藍チェ・ナヨンと同組となった不動だったが、そのゴルフの安定度は他の二人を大きく凌いだ。

インスタートのこの日、11番で1.5mを沈めると、13番パー3では下り6mのバーディパットを沈めて2アンダーで折り返す。後半も4番、5番と連続バーディを奪って通算4アンダー。208ヤードと距離の長い8番パー3でこの日唯一のボギーを叩いたものの、通算3アンダーの単独首位で初日を終えた。

「ノーボギーだったら最高だけど、今日は風が舞っていて難しかったので、ボギー1つで収まってすごく良かったです」と、納得の表情の不動。風の影響でグリーンを外してもOKに寄せるアプローチが冴えを見せ、早くも一歩抜け出した。

<桃子、上がり2ホールで失速も2位タイ>

全38組がラウンドした大会初日、その中で最後にティオフしたのが、12時42分スタートの上田桃子らの組だった。午後になると風が吹き始め、上田らがホールアウトする頃には日も陰り、冷たい空気が肌を刺す。厳しい条件となったが、7バーディ5ボギーと派手なゴルフで2位タイにつけた。

「終わってみて、こんなにバーディもボギーも出ていたんだという感じで、コース内では1打1打に集中していた」という上田。その他、パク・ヒヨン服部真夕イ・ボミテレサ・ルーの5人が2位タイに並んでいる。

<藍、4オーバーと出遅れる>

一方で、宮里藍は4オーバーの63位タイと、カットラインの50位タイを下回る苦しい初日となってしまう。それでも、最終9番で9mのバーディパットを沈めるフィニッシュに、「明日に繋がる」と懸命の笑顔。今季出場した「ダイキンオーキッドレディス」に続く2戦連続の予選落ちは何としても回避したいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。