ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

不動、宮里が3位タイに後退!上位は大混戦

宮崎県の宮崎CCで行われている、国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の2日目。大会初日に好スタートを切った賞金女王争いを演じる不動裕理宮里藍。だがこの日は思うようにスコアを伸ばすことができず、2人とも苦戦を強いられた。

初日に続き、同じ組でラウンドする不動と宮里。単独首位スタートの不動は、4番で痛恨のダブルパー「8」を叩き、前半のスコア「40」で折り返す。後半バーディを奪って取り返しにかかるも、すぐさまボギーを叩くなどリズムに乗れず、この日4つスコアを落として通算イーブンパーの3位タイでホールアウトした。

<< 下に続く >>

このチャンスを活かしたい宮里だったが、前半スコアを崩してしまい不動と同じくスコア「40」を叩いてしまう。後半で1つスコアを戻すも、通算イーブンパーの3位タイで並び、残り2日間の勝負となった。

一方、大会2日目首位に立ったのは、大場美智恵木村敏美の2人。大場は2バーディ2ボギーでラウンドし、通算1アンダーで首位を奪取した。また木村は、1番でバーディを奪うとその後は、パープレーでしのぎ首位に並んだ。

不動、宮里のほか3位タイには、難コースの中、この日のベストスコア「69」をマークした北田瑠衣。安定したプレーでイーブンパーでラウンドした茂木宏美肥後かおり。2つスコアを落としてしまった山口裕子といった、合計6人がひしめく大混戦。

そして首位と2打差の1オーバーに古閑美保、首位と3打差に2オーバーの福嶋晃子がつけており、残り2日間展開が全くわからない状況となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!