ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋が大爆発!北田と並び首位浮上

長野県にある軽井沢72ゴルフ北コースで行われている、国内女子ツアー第16戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の2日目。昨年は3日間雨の中行われたが、この日も天候は快晴、風はほとんどなく気温も24度と絶好のコンディション。上位陣をはじめ、各選手がスコアを伸ばしている。

大会2日目、通算9アンダーで首位に浮上したのは、大会3連覇を狙う福嶋晃子。スタート前に目標スコアを66に設定していた福嶋は、前半から順調にバーディを積み重ねていくと、終盤15番から17番3連続バーディを奪って締めくくり、この日7バーディノーボギーの完璧なゴルフを披露した。1988年ツアー制施行後では初となる、同一大会3連覇に王手をかけた。

<< 下に続く >>

また、同じく首位に浮上したのは22歳若手のホープの北田瑠衣。前半は9番のバーディ1つだけと我慢のゴルフが続いたが、後半で5つのバーディを奪う猛チャージ。今年の5月に初優勝を挙げたばかりの北田が、早くもツアー2勝目を飾ることができるのか。

一方、福嶋と同じ組でラウンドした宮里藍は、前半で3つのバーディを奪い上位陣にジワリジワリと詰め寄ったが、後半は一転して苦しい展開。試合後のインタビューで「後半はティショットがばらついてしまった」とコメントを残した宮里は、12番でボギーを叩き後退、15番でバーディを取り返すも、17番で再びボギーを叩いてしまい通算4アンダーの8位タイで2日目を終えている。

そして女王不動裕理は、1アンダーの25位からのスタート。前半1つスコア伸ばして後半に突入したが、出入りの激しいゴルフとなりこの日1つスコアを伸ばしただけ。通算2アンダーの22位タイに低迷している。

そのほか初日3アンダーの好スタートを切ったアマチュアの宮里美香は、この日スコア77を叩く大乱調で通算2オーバー。予選通過に1打届かず涙を呑んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!