ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍まさかの失速!女王不動が今季4勝目一番乗り!

静岡県裾野市にある東名カントリークラブで開幕した、国内女子ツアー第14戦「スタンレーレディスゴルフトーナメント」の最終日。宮里藍不動裕理服部道子と実力者が揃った最終組。宮里藍は1打差のアドバンテージを生かすことができたのか。

前半、上位選手がスコアを伸ばす中、宮里藍は1番、7番でボギーを叩き、優勝争いから大きく後退。終盤16、18番でようやくバーディを奪うも時すでに遅し。結局この日はスコアを伸ばせず通算9アンダーの5位タイで競技を終えた。

前の組でラウンドしていた西塚美希世大山志保斉藤裕子古閑美保がスコアを伸ばしたがあと一歩届かず、優勝争いは最終組でラウンドした不動と服部の2人に絞られた。

前半で1つスコアを伸ばした不動は、後半12番から14番で3連続バーディを奪い、一気に通算12アンダーまで伸ばして首位に立つ。同じ組でラウンドしていた服部が後半から怒涛のチャージをかけるも1打差届かず、不動が見事な逆転勝利を収めた。3週間ぶりの国内ツアー戦となったが、今季4勝目一番乗り。また、大会連覇達成とともに、賞金ランキングでも再び宮里藍との差を広げて首位の座を守った。

そのほか、大会初日に首位に並んで注目を集めた14歳のアマチュア宮里美香は、最終日に1つスコアを落としてしまい、通算5アンダーの17位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。