ニュース

国内女子CAT Ladiesの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋晃子が通算14アンダーで2年ぶりツアー24勝目!

神奈川県の大箱根CCで開催されている、国内女子ツアー第20戦「CAT Ladies」の最終日。晴天に恵まれ朝から強い日差しで気温が29度まで上昇。予選2日間のような爆発的なスコアを出す選手が現れなかったが、上位はバーディ合戦を繰り広げ、通算14アンダーの福嶋晃子が、2位に2打差で優勝を果たした。

通算10アンダーの単独首位でスタートした福嶋は、1番でバーディを奪うが3番パー3でボギーを叩き、この時点で馬場ゆかりにかわされ2位に後退した。ところが、「勝負は13番から」とキャディと話していた福嶋は、我慢のゴルフを続ける。

<< 下に続く >>

後半に入り、10番でバーディ後の12番パー3は再びボギー。しかし、13番パー5で狙い通りにバーディを奪うと、続く14番も奪い再び首位に返り咲いた。馬場と並んで迎えた17番パー3では、「距離が丁度良かったので8番アイアンで振りぬきました」というショットがピンの右1mについてバーディ。さらに最終18番でもバーディを奪い追いすがる馬場を振り切った。

通算12アンダーの単独2位は馬場、通算11アンダーの単独3位には韓国の姜如珍。さらに通算9アンダーの4位に有村智恵アン・ソンジュ(韓国)が並び、通算8アンダー6位には横峯さくら飯島茜佐伯三貴恒川智会菊地絵理香リ・エスド(韓国)の6人。大会連覇を狙った諸見里しのぶは、通算6アンダーの14位タイとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 CAT Ladies




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!