ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が首位タイで最終日へ! 有村が2打差に迫る

長野県にある軽井沢72G北コースで開催されている、国内女子ツアー第19戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の2日目。避暑地らしく涼やかな空気に包まれる中、上位は安定してスコアを伸ばす展開となった。

7アンダーの首位タイからスタートした宮里藍ニッキー・キャンベル(オーストラリア)は、昨日ほどのバーディ量産とはいかず、どちらも耐えるプレーが目立った。それでも互いに2ストロークずつ伸ばし、通算9アンダーで首位に並んだまま最終日を迎える。

全体的に大きな変動が少ない中、11位タイからスタートした有村智恵が5バーディ、ノーボギーの「67」をマーク。「徐々にショットの調子が良かった時に戻ってきた」と、首位と2打差に迫る通算7アンダー。通算8アンダー、単独3位の李知姫(韓国)に次ぐ4位タイに浮上した。

通算6アンダーの単独7位に、ホステスプロの福嶋晃子三塚優子は12番パー3でホールインワンをマークするなど見せ場を作ったが、通算5アンダーの8位タイに後退した。横峯さくら上田桃子は、通算2アンダーの20位タイ。また、アマチュアの高橋恵青木瀬令奈、石川葉子はいずれも予選で姿を消している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!