ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

首位に小田孔明ら3人 石川遼がベストスコアで3打差6位浮上

2020/09/04 17:43

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 2日目(4日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨)◇7566yd(パー71)

約8カ月ぶりの公式戦となった日本男子ツアーの国内開催初戦。日没順延となった第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われ、小田孔明市原弘大永松宏之が通算6アンダーの首位で並んだ。

<< 下に続く >>

若手の勢いに負けず、42歳の小田が「66」で気を吐いた。同組の池村寛世出水田大二郎との九州勢の組でリラックスしてプレー。かつての飛ばし屋も20代の2人には1Wショットで数十yd置いて行かれる時代になった。「ふたりとも飛ぶから気にならない。寛世には最大60、70yd差をつけられるから、もう異次元」

飛距離で負けても「今週はアイアンショットが切れている」とベテランのゴルフに徹した。富士桜CCのわずかに左足上がりのドライビングレンジが苦手で、ことしは「思い切って朝の練習はSWと7Iだけ。体を回してスタートする」という独自の調整法に出た。今大会でプロキャディを退くという“相棒”に「頑張ってボーナスを多めにやりたい」と思いを寄せた。

木下稜介と2018年大会優勝の星野陸也が2打差4位。

第1ラウンド72位と出遅れた石川遼は3番(パー5)でイーグルを奪うなど、1イーグル5バーディ、1ボギーでこの日のベストスコアに並ぶ「65」とカムバック。通算3アンダーで6位に浮上し、連覇経験のある大会を折り返した。

2年連続賞金王の今平周吾は米ツアーメンバーの小平智、2014年大会優勝の岩田寛、選手会長の時松隆光らとともに通算1アンダー14位。

首位から出た伊藤有志は「76」と崩れ、宮里優作堀川未来夢らと並ぶ通算イーブンパー27位に後退した。

石川、今平と同組でプレーしたアマチュアの金谷拓実(東北福祉大4年)は通算1オーバー35位で予選を通過。

池田勇太谷原秀人は通算2オーバー47位。片山晋呉、昨季2勝の浅地洋佑らが通算3オーバー56位とカットライン上で決勝ラウンドへ進んだ。

7月の非公式試合「ゴルフパートナーエキシビション」で優勝した関藤直熙は2つのトリプルボギーなど「78」と乱れ、通算7オーバー85位で予選落ちとなった。

<上位成績>
1T/-6/永松宏之市原弘大小田孔明
4T/-4/木下稜介星野陸也
6T/-3/長澤奨石川遼
8T/-2/小斉平優和比嘉一貴重永亜斗夢永野竜太郎 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!