ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

今平周吾ら3人が首位発進 石川遼は73位

◇国内男子&アジアン◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 初日(26日)◇東広野ゴルフ倶楽部 (兵庫)◇7058yd(パー71)

今平周吾が6バーディ、ボギーなしの「65」をマーク。6アンダーで武藤俊憲ロイチ(台湾)と並び3週連続の首位発進を決めた。

スタートホールの10番、残り15ydの3打目をSWでねじ込みチップインバーディ。「難しいコースで最初にバーディだと、気持ち的にも余裕ができます」と勢いづいた。フェアウェイキープ率は57.18%(全体45位)だったとはいえ、ティショットの安定感に納得しバーディを積み重ねた。今季初優勝に向け上々の滑り出しをみせた。

賞金ランキング首位の石川遼と同組でのプレーに2018年の賞金王は「久しぶりに(一緒に)回ったけれど、いつもよりギャラリーが多かった。僕のバーディにも声援で応えてくれるので気持ちよく回れました」と笑顔を見せる。一方の石川も「いま日本で1番上手い周吾と一緒に回れて感謝です」と互いに敬意を示した。

1打差の5アンダー4位に9月「RIZAP KBCオーガスタ」で初優勝を飾った比嘉一貴ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)ら3人が並んだ。

賞金ランキングトップの石川は3バーディ、4ボギーの「72」とし、星野陸也谷口徹らとともに1オーバーの73位。

【上位の成績】
1T/-6/今平周吾武藤俊憲ロイチ
4T/-5/比嘉一貴ジャズ・ジェーンワタナノンド張二根
7T/-4/古田幸希ブレンダン・ジョーンズイ・サンヒM.カルバリョ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。