ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

日本ツアールーキーのカーミスが首位 1打差2位に宮本勝昌

◇国内男子◇中日クラウンズ 3日目(4日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70)

8位から出たピーター・カーミス(ギリシャ)が6バーディ、1ボギーの「65」とし、通算9アンダーの単独首位に浮上した。カーミスは昨年末のファイナルQTを7位で通過し、新たにツアーに加わった37歳。今季2試合目の出場で、ギリシャ人として初めての日本ツアー優勝に前進した。

キャディバッグには、47、52、56、60度と4本のウェッジが入る。「ウェッジは得意。でも、ここはまずフェアウェイキープが大事になる。フェアウェイに置ければ、ピンの近くに打っていける」とカーミスは言う。この3日間でフェアウェイキープ率は47.6%(36位)ながら、パーオン率(75.93%)とバーディ数(16個)はともに1位。「日本はコースもきれいだし、ギャラリーが多くてすばらしい。優勝争いができてさらにうれしいよ」と笑った。

通算8アンダーの2位に、「67」でプレーした46歳の宮本勝昌。最終18番のバーディで首位に1打差に迫り、大会初優勝のチャンスを引き寄せた。

通算7アンダーの3位に貞方章男ハン・ジュンゴン(韓国)。通算6アンダーの5位に重永亜斗夢ブラッド・ケネディ(オーストラリア)が続いた。

アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は首位に2打差の8位からスタートし、2バーディ、3ボギーの「71」でプレー。出水田大二郎今平周吾らと並ぶ通算3アンダーの12位に後退し、首位とは6打差に開いた。

<上位の成績>
1/-9/ピーター・カーミス
2/-8/宮本勝昌
3T/-7/貞方章男ハン・ジュンゴン
5T/-6/ブラッド・ケネディ重永亜斗夢
7/-5/マシュー・グリフィン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。