ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

人工股関節で芹澤信雄が復活 ニクラスやワトソンも経験

2019/05/03 18:37


◇国内男子◇中日クラウンズ 2日目(3日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70)

芹澤信雄は、最終18番でハウスキャディに「打たなきゃダメよ」と言われた5mのパーパットをショートさせて照れ笑った。

それでも初日「70」、2日目「74」の通算4オーバー54位。「もうこんなことはないかなと思ったけど超うれしいです。こうやってドキドキしながらゴルフできるのがすごく嬉しい」と、2012年「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来となる7シーズンぶりの予選突破に表情を明るくした。

今年11月に60歳と節目の年を迎える芹澤は、昨年8月22日にチタン製の人工股関節を埋める手術に踏み切った。数年前に変形股関節症と診断され、「バンカーで踏ん張ったりすると、電気が走った」という症状を改善するのが目的だった。

「いまはたいした怪我じゃないらしいです。ジャック・ニクラスも、トム・ワトソンもしているって聞いたし、絶対にパフォーマンスが上がるからやった方がいいって言われて、そこまで言うならやろうかな」と決断した。

全身麻酔による3時間の手術と、10日間の入院を経て、3カ月後から軽いアプローチ練習を始めた。シニアツアーに行けば「チタンが入っているから飛ぶんだな」といじられるが、上半身の回転スピードも上昇し、ヘッドスピードも2m/秒は上がった。

40歳で近視を治すレーシック手術を受け、50歳を前にして肩に人工腱を埋める手術もした。そして、60歳を目前にした再手術。ラウンド後はまだ患部の腫れをほぐすケアが必要だが、プレーができる喜びには代えがたい。

「(予選)通れたら嬉しいけど、あと2日この和合でプレーするのは、ボロボロになりそうでツライですよ」。ぼやく言葉とは対照的に、その表情はキラキラと輝いていた。(愛知県東郷町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。