ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン
期間:02/04〜02/07 場所:ロイヤルミンガラドンG&CC(ミャンマー)

矢野東が首位に2打差で決勝へ 2週連続V狙うソンは3差

◇国内男子&アジア共同主管◇レオパレス21ミャンマーオープン 2日目◇ロイヤルミンガラドンG&CC (ミャンマー)◇7218yd(パー72)

バーディ合戦の予選ラウンドは、2日続けて「66」をマークしたショーン・ノリス(南アフリカ)とSSP.チャウラシア(インド)の2人が通算12アンダーとして首位で並んだ。サム・ブラゼル(オーストラリア)、ラシド・カーン(インド)が1打差の3位タイにつけた。

さらに1打差の通算10アンダー5位タイにこの日「68」でプレーした矢野東。パットに苦しみながら最終9番で4mを沈め「きょうずっと入らなかった距離。最後はうれしかったです」と白い歯をのぞかせた。

8シーズンぶりの通算4勝目がかかる38歳は今週、開幕前日のプロアマ戦で優勝。幸先よくトーナメントに入った。「タイトルスポンサーは日本の企業。日本の選手を応援していると思う。優勝する可能性がないとみんな面白くない。あと2日間、この位置にいられるといい」と頼もしい。芝が荒れたコンディションが続くが「読みどおり打ってもなかなか入らないグリーン。早めにミドルパットがいくつ決まるか。ポンポンッと入ればゴルファーは勝手に調子が出てくる。それを待ちたい」と穏やかに週末を迎える。

前週の「SMBCシンガポールオープン」でツアー初優勝を飾ったソン・ヨンハンと、昨年度日本ツアー賞金王のキム・キョンテが(ともに韓国)が通算9アンダーの8位グループで予選を通過した。

日本勢はこの日「65」をマークした永野竜太郎が8アンダーの14位タイ。上平栄道、山岡 成稔、藤本佳則森本雄が7アンダーの19位で決勝ラウンドに進んだ。池田勇太宮里優作は通算6アンダーの32位となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!