最近のニュース 新着一覧≫


2019/12/10

チョ・ミンギュがトップ通過 上井邦裕はQT上位で出場権

/-19/森本 13/-18/高柳直人 14/-18/T.チュアヤプラコン 15/-18/和田章太郎 16/-18/文道燁 17/-18/河野祐輝 18/-17/小斉平優和 19/-16/上井邦裕 20/-16/大岩龍一 ※タイスコアの選手の順位は各ラウンドのスコアなど独自規定により決定
2015/07/31南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント

森本雄が4人のプレーオフを制して今季2勝目/チャレンジ最終日

国内男子チャレンジツアー「南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント」(秋田・南秋田カントリークラブ)は31日(金)、最終日の競技を行った。森本がプレーオフを制し、今季同ツアー2勝目を飾った
2015/10/22JGTO Novil FINAL

前粟藏俊太が首位発進 賞金ランク2位の森本雄は2打差4位

ランク2位につける森本のほか、猿田勝大、上平栄道、小袋秀人、福永安伸、荒井雅彦の計6選手が並んだ。 賞金ランク1位の秋吉翔太は2アンダーの18位で発進した。 今大会終了時点で、賞金ランク1位の選手には
2015/05/29グッジョブチャレンジ supported by 丸山茂樹ジュニアファンデーション

森本雄がチャレンジ初優勝 2位に櫻井勝之/チャレンジ最終日

茨城県のイーグルポイントゴルフクラブで開催されたチャレンジツアー今季5戦「グッジョブチャレンジ supported by 丸山茂樹ジュニアファンデーション」の最終日、単独首位で出た森本が1イーグル
2015/05/28グッジョブチャレンジ supported by 丸山茂樹ジュニアファンデーション

森本雄が首位 2打差2位に小山内護ら4選手/チャレンジツアー初日

の「65」をマークした24歳の森本が、7アンダー単独首位の好スタートを切った。 首位と2打差、5アンダーの2位に小山内護、定延一平、川根隆史、日高裕貴の4選手、4アンダーの6位に森田徹、宇佐美祐樹
2016/02/05レオパレス21ミャンマーオープン

矢野東が首位に2打差で決勝へ 2週連続V狙うソンは3差

9アンダーの8位グループで予選を通過した。 日本勢はこの日「65」をマークした永野竜太郎が8アンダーの14位タイ。上平栄道、山岡 成稔、藤本佳則、森本が7アンダーの19位で決勝ラウンドに進んだ。池田勇太、宮里優作は通算6アンダーの32位となった。
2015/10/10石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

秋吉翔太がチャレンジ2連勝 賞金トップと1845円差に

Yonehara GC」に続く、チャレンジツアー2連勝。チャレンジツアーの賞金獲得額を430万6620円とし、同賞金ランクトップの森本に1845円差まで迫る2位に浮上した。 1打差の通算4アンダー2位
2015/12/07ゴルフ日本シリーズJTカップ

金庚泰が6冠!石川遼は9年連続でMIP賞を受賞

ランキング賞:金庚泰(165,981,625円) ・Unisysポイントランキング賞:宮里優作(131pt) ・最優秀新人賞 島田トロフィ:宋永漢 ・チャレンジ賞金ランキング賞:森本(4,479
2015/10/16太平洋クラブチャレンジトーナメント

平井宏昌がチャレンジ初優勝 賞金王争いは混戦のまま最終戦へ

が続いている賞金王争いは僅差のまま最終戦へと突入する。ともに今季2勝を挙げている賞金ランク1位の秋吉翔太と2位の森本とは約4万円差。さらに11位の平井まで賞金王の可能性を残しており、優勝賞金180万円を巡るラストバトルに注目が集まる。
2015/07/30南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント

パター冴えた岩本高志、横田真一と並び首位発進/チャレンジ初日

チャレンジツアー1勝の森本、小池一平、狩俣昇平、和田章太郎、服部リチャード、菊池純の6選手が続いている。チャレンジツアー賞金ランクトップの浅地洋佑は4アンダーの9位タイ発進となった。 大会は2日間競技で、31日(金)に最終ラウンドが行われる。
2015/08/19PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総

簗瀬元気が首位発進 川岸良兼ら9選手が1差を追う混戦/チャレンジ初日

。 首位と1打差、7アンダーの2位に金子敬一、姜志満、和田章太郎、秀島寛臣、松井弘樹、大川詩穏、小鯛竜也、岩本高志、川岸良兼の9選手。さらに1打差の6アンダー11位には、今季2勝の森本、同じく1勝の浅地洋佑ら4選手。首位と2打差に14選手がひしめく混戦の様相を呈している。
2016/02/02レオパレス21ミャンマーオープン

ブレークする若手は誰!?ミャンマーで日本ツアー第2戦

出場権を手にしている。秋吉翔太、浅地洋佑、伊藤誠道らが今季初戦。前年度のチャレンジトーナメント賞金王の森本、大堀裕次郎らは2週連続の参戦。日本ツアーの新規トーナメントにふさわしいフレッシュな選手の活躍も期待される。
2014/10/09太平洋クラブチャレンジトーナメント

甲斐慎太郎が単独首位/チャレンジツアー初日

(オーストラリア)の3選手。現在チャレンジツアーの賞金ランキングで首位に立つ今平が、今季2勝目に向けて好スタートをきった。 5位は5アンダーの森本、簗瀬元気ら4選手。4アンダー9位に砂入雅之、河村雅之ら5選手が続いている。イーブンパーの55位タイ、75選手が決勝ラウンド進出を決めた。
2014/09/05マダムシンコチャレンジトーナメント

ウィルソンがプレーオフ制し優勝/男子チャレンジツアー

。今井は16番までに7アンダーまで伸ばし、単独首位に立ったが、最終18番でティショットをOB、痛恨のダブルボギーを喫した。 西裕一郎、谷昭範、菊池純、森本ら6人が4アンダーの7位タイに並んだ。