2016/08/05ヨーロピアンツアー公式

C.ウッドがアーチャーフィールドでの初日を楽勝でクリア

番、そして16番でバーディを奪って5ホールを奪取した。 豪州のリチャード・グリーンは、残り7ホールで2ダウンと劣勢に立たされるも、そこからの5ホールで3つのバーディを奪って盛り返し、3&2でリー
2013/05/28ヨーロピアンツアー公式

S.カーンがトップ通過で全米オープン出場枠を獲得

サイモン・カーン(イングランド)が「BMW PGA選手権」のプレーオフ敗退から立ち直り、ウォルトンヒースゴルフクラブで開催された「全米オープン」出場予選会で12人の出場枠の先頭を切った。 カーン
2016/05/13ヨーロピアンツアー公式

強風のモーリシャスで首位発進のドット

ツアーの3ツアー共催大会初日をアンダーパーで回った選手は21人に留まった。 「66」のベストスコアを出したのは、3月の「トゥルータイランドクラシック」以来のヨーロピアンツアーとなったドット。インドのラシド
2016/03/19ヨーロピアンツアー公式

ピルカダリスがデリーで猛然と首位に浮上

インドのラシドカーンがつけている。 オランダのユースト・ラウテンは、この日は14番までを7アンダーでプレーするも、上がり3ホールで3連続ボギーを叩き、通算1オーバーとして1ストローク差で予選カットとなった。メジャー3勝のパ…
2016/09/11ヨーロピアンツアー公式

好調・ヘンドが首位に浮上

・エバンス、デービッド・ホーシー、リチャード・ブランドのイングランド人トリオ、そして地元期待のユースト・ラウテンがつけている。中でもブランドは先週に引き続き、2週連続で最終日を最終組でプレーすることに
2016/03/12ヨーロピアンツアー公式

タイでヘンドが首位タイに急浮上

ピヤ・スワンガランポーン、スコットランドのマーク・ウォーレン、インド人コンビのラシドカーンとチラフ・クマール、そしてヘンドと昨日のユーラインと同じくコースレコードに並ぶ「64」を叩き出したフランスのベンジャミン・エベールが…
2017/05/10ヨーロピアンツアー公式

「ポルトガルオープン」の大会アラカルト

「ポルトガルオープン」が開催されたのは2010年のことで、エストリルのペーニャロンガGCで開催されたこの大会は、「ライダーカップ」欧州代表の現キャプテンであるトーマス・ビヨーンがリチャード・グリーンに5打差を
2017/05/23ヨーロピアンツアー公式

BMW PGA選手権の大会アラカルト

・ギャラハー(1969年)、そしてスコット・ドラモンド(2004年)に続く、ルーキーで大会を制覇した3人目の選手となった。 ・ロリー・マキロイは最終日に7打差を逆転して2014年大会を制したが、これは
2014/06/21ヨーロピアンツアー公式

イロネンが首位を堅持

、グレーム・マクドウェル、ロバート・ロック、そしてロメイン・ワッテルに2打差をつけている。 「目標が達成できた。二桁アンダーを目指していたんだ」とイロネン。彼は1番でバーディを奪った後、10番まで次のバーディ
2015/05/19ヨーロピアンツアー公式

ウェントワースでの決戦に「看板役者」が集結

の2015年「BMW PGA選手権」の王座を懸けて戦う今年も例外ではない。 ディフェンディングチャンピオンであり世界的な“看板役者”であるロリー・マキロイから、チャレンジツアーとヨーロピアンツアーで
2015/01/09アジアンツアー公式

アジアンツアー会長寄稿/2015年1月号

は、リチャード・リー、スティーブ・ロートン、 ラシード・カーンで、それぞれ「ソレイルオープン」「マーキュリーズ台湾マスターズ」「セイルSBIオープン」で達成された。カーンはその後「チェンマイゴルフ
2013/01/26ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアー初優勝を狙うウッドが首位へ

、オーストラリア出身マーカス・フレーザーとポルトガル出身リカルド・サントスも後退。現時点で2位タイは、米国ツアーチャンピオン経験者のサイモン・カーン、「64」で終えたニュージーランド出身で2005年「US
2016/02/05レオパレス21ミャンマーオープン

矢野東が首位に2打差で決勝へ 2週連続V狙うソンは3差

したショーン・ノリス(南アフリカ)とSSP.チャウラシア(インド)の2人が通算12アンダーとして首位で並んだ。サム・ブラゼル(オーストラリア)、ラシドカーン(インド)が1打差の3位タイにつけた
2013/06/05ヨーロピアンツアー公式

5月の月間最優秀選手賞に輝いたマナッセロ

・ウォーレンを破り、そしてイングランドのサイモン・カーンを4ホール目で破って勝ち取った。そしてモエ・シャンドンのシャンパンとトロフィーを手にした。 2009年にアマチュア選手権でイタリア人として初の
2014/03/02セイルSBIオープン

ラシード・カーンが地元インドでツアー初優勝

カーンだった。その後はサスペンデッド続きとなった大会で首位の座をキープし、最終日こそスコアを1つ伸ばすにとどまり、通算18アンダーで並んだシディクール・ラーマン(バングラデシュ)とのプレーオフ1
2015/10/02マーキュリーズ台湾マスターズ

ラシド・カーンが首位浮上 日本勢すべて予選落ち

◇アジアンツアー◇マーキュリーズ台湾マスターズ 2日目◇台湾G&CC(台湾)◇パー72 首位と1打差の2位からスタートしたラシドカーン(インド)が6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「70」で