ニュース

国内男子 ISPSハンダグローバルカップの最新ゴルフニュースをお届け

全米OP翌週に海外メジャー覇者が参戦 日本勢の奮起は

2015年 全米オープン 最終日 チャール・シュワルツェル
全米オープンで7位に入ったチャール・シュワルツェルも参戦する(Copyright USGA/Steven Gibbons)【拡大写真】

国内男子ツアーの「ISPSハンダグローバルカップ」は25日(木)、山梨県のヴィンテージゴルフ倶楽部で開幕。今年度からの新規大会は海外からの招待選手で、ビッグネームがフィールドに名を連ねている。

かねて欧州男子ツアー、米女子ツアーなど海外でトーナメントを開催してきた一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)の主催大会。150人の出場選手の中で、特別招待された2011年「マスターズ」王者のチャール・シュワルツェル(南アフリカ)、13年「全米プロゴルフ選手権」を制したジェイソン・ダフナー(米国)といったメジャーチャンピオンのほか、米ツアーで戦うイアン・ポールター(イングランド)、ジョン・センデン(オーストラリア)らの名前がひときわ際立っている。

彼らはもちろん前週の「全米オープン」からの太平洋をまたいだ連戦。米ツアー優勝経験者である今田竜二も“グローバルカップ”の名にふさわしい存在だ。

今季の国内男子ツアーは、2週前のアジアシリーズ「シンハーコーポレーション タイランドオープン」を含め7試合のうち、海外勢が5勝をマークしている。日本勢で優勝したのは手嶋多一片岡大育の2人という状況。全米オープンで予選落ちした藤田寛之薗田峻輔の奮起にも期待がかかる。

【主な出場予定選手】
池田勇太岩田寛片岡大育片山晋呉キム・キョンテ小平智竹谷佳孝谷原秀人谷口徹手嶋多一中嶋常幸藤田寛之宮里優作山下和宏今田竜二、チャール・シュワルツェル、ジョン・センデン田中秀道ジェイソン・ダフナーイアン・ポールター


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~