ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位に出たのはトム・ワトソン。7アンダー

前日首位のR.グーセンはちょっと低迷。田中秀道もスコアを落とした。代わって躍り出たのはなんとトム・ワトソン。そして深堀圭一郎もジワッと上がってきた。

トム・ワトソンは8バーディ、2ボギー。アウト、インともに13パット。 「今日のウランドは満足している。不安なドライバーがうまくいった。エドワース(キャディ)からアドレスで体がオープンになっていると指摘されてから、うまく打てるようになった」とワトソン。ショートパットも2番で外してボギーとした他はすべて沈めたという。
5番396ヤードでは下り斜面のディボットに入っていたボールを8番アイアンのスリークォ ーターショットでピン10手前に落としてバーディ。「トレビノがするようなショットだよ。こんなショットができると、あとのショットやスコアに結びついてくれる。楽しいラウンドだった」

本命(?)ジャンボは可もなく不可もなしのパープレー。まだまだエンジンをかけるタイミングじゃないのかな。このところ泣きの入っていた丸山茂樹も4バーディ、3ボギー、1ホールインワンと劇的なゴルフで結局68。31位から一気に上昇してきた。「人生2度目のホールインワンだよ。でも7番ロングなんかは10メートルのイーグルチャンスから3パットでパーだから・・」
ゴルフのマネージメントを考えて、楽しくゴルフをするに決めたのだという。「そうしないと、疲れちゃう。マスコミに差はいくらと書かれたりギャラリーにも明るくないと言われたりするし。ボギーが先行してもバーディを取り返せばいいんだと楽しくプレーしました」
明日からが面白くなりそう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!