ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

ラブ独走。ジャンボ尾崎が5差へ急追

雨も降り、風も強かった3日目。デービス・ラブIIIは堅調。この日もしっかり3アンダーとして独走態勢に移った。そして下から急浮上して追い上げるのは定番ジャンボ尾崎。しかしこの5打差を最終日、おい上げきれるか・・。

ラブは4番でボギー先行。しかし6番で取り返し、インに入ってからは10番11番、18番とバーディ。スコアを伸ばした。
「コースが水をふくんでボールが沈んでいるのでフライヤーになりやすかった」という。こういうケースでは打ち込まず、払うように打つのがいいのだが、アゲンストのホールになると難しくなる。注意していたラブでさえも16番では122ヤードをPWで打って飛びすぎた。
「5打差のリードは安全とは言えないが、最終18番のバーディは大きかった。明日はワッツもギブソンも追いかけてくると思うよ。ジャンボも来るだろうね」

ジャンボ尾崎は1番2番をバーディでスタート。気分よくプレーしたが14番でボギー。結局6バーディ、1ボギーの65。
初日2日のパッティングに不満が残り、パターを替えた。1メートルから1.5メートルくらいがよく決まるようになったという。
「自分でも満足できるゴルフだった。明日にもつながると思う。ただラブは安定しているから、逆転は難しいかもしれない」と少し弱気。 もっとも、「とらえられない位置ではないけどね」とも付け加えた。

「今日はよく耐えた」という木村政信。しかしトップとの6打差はあまりにも大きい。「明日は2位3位狙いでいきます」

関連リンク

1998年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~