ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

役者がそろった。明日は大激戦!

注目ナンバー1の19歳、セルヒオ・ガルシアが一時はトーナメントをリードした。しかしビヨーンも終盤挽回、2人ともに貯金を3つ増やしてそのまま首位を並走している。

最近ちょっとくすんだ印象のあった丸山茂樹がなんとボギーなしの10アンダー61というすごいラウンドを展開して、あっというまに3位グループに躍り出た。田中秀道も4つ伸ばして同じく7アンダーの3位グループ。賞金レース首位の尾崎直道も、丸山ほどではないが6アンダーをマークして大躍進している。すごい試合になった。明日最終日は目が離せない。

ガルシアは5バーディ、2ボギー。「ボールもしっかり打ててる。パットも入ってるから自信も出てきてる。明日はボギーを打たないように。そしてバーディを多く。丸山サンの61もあることだし、どれくらいが優勝スコアになるかわからないからね」

天真らんまんにプレーしているように見える。しかし一歩抜け出すチャンスだった2オン狙いの18番セカンドは考え過ぎて大きく右に外してしまった。「待ち過ぎた。時間が長過ぎて、いろいろ考えてしまったんだ」

ビヨーンは最終ホールの3オンバーディでガルシアに追いついた。いい気分で最終日に入ることができた。「ガルシアとは欧州でもまだ回ったことはなかった。ワイルドなショットもあるが、いい素質だね。そのうちミスも少なくなっていくだろうね」 タイガー・ウッズもデビューの頃はそうだったとビヨーンは言う。「ま、明日はギャラリーがどうであろうと、日本選手がどうであろうと、自分のペースで自分のゴルフができると思う」

それにしても丸山茂樹の61は凄い。昨日は足の痛みで満足なゴルフもできなかったのに、一夜あけたら別人のような10バーディだ。そのうち4番~7番、12番~15番は4連続で入れている。「役満つもった感じ」だという。

「昨日の後半、つい投げ気味のゴルフになって崩れてしまった。その反省もあって、今日はマイナス7を出すぞと斉藤(キャディ)に行って出かけたんです」

試合は4日間でナンボ、ということを思い知ったともいう。イーグルをとって59だ!と意気込んだ18番で力が入りミス、イーグルどころかパーもけっこうヒヤヒヤものだった。「ボギーは叩かないと決めていたんで、最後のパーパットは胸がドキドキしてしまった」

関連リンク

1999年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~