ニュース

国内男子住建産業オープン広島ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

お、今度は深堀圭一郎が抜け出した

2日目は、前日5アンダー2位スタートの深堀圭一郎が今日も67をマークして2位に3打差の単独首位に立った。後ろには7つ稼いだ鈴木亨・小達敏昭が追いついてきている。他に首位発進だった湯原信光、山口治の4人がトータル7アンダーで2位。6アンダー6位には真板潔。ジャンボ尾崎は佐藤信人らと共に7位タイとした。

深堀圭一郎はトータル10アンダーの貯金ができた。インからナイスパーで出発し、いいペースを作ることに成功。12番ホールでは早速バーディを先行させ、6バーディ、1ボギー。「10、11番のパーは良かった。それが今日のスコアメイクにつながりましたね」

<< 下に続く >>

しかし完全に安心できていない。「今はパッティングとアプローチがいいのが好調の原因だけど、ナイスセーブがあるってことは逆にスコアを崩す可能性だってないわけじゃない。これが不安要素です」 昔のスランプのイメージが頭をよぎることもある。「それをどうやって克服するかが課題。グリーンも硬く、早くなってきている。それにしてはいいスコアだよね。今週は一生懸命やってますよ」

湯原信光の出だしはインの10番ホール。いきなりダブルボギーとして、つまずいたものの次のホールはうまくパーを拾い、12番のイーグルにつなげている。出入りの忙しい1日ではあったが71。首位は譲ったものの、まだまだ踏ん張れている。1イーグル、4バーディ、3ボギー、1ダブルボギーとした。

「大変な1日でした。ショットがまずかったということではない」 ちょっとした狂いが生じた程度だという。そんな中でもしっかりアンダーパーにまとめている。「無理せずにバーディも取れているし、まあ良しとしましょう。明日からはとにかくフェアウェイを外さないことですね」

5アンダー7位としたジャンボ尾崎は、4バーディ、2ボギーの70。しかしスコアとは裏腹に気弱な発言。「2番ホールのセカンド以降、バーディを取りに行く勇気がなかった。17番では、ほんのわずかな“ユルミ”がボギーを呼びこんでしまった」という。気持ちはいまいち安定していないが、「明日、良い運をグッと引っ張るためにも頑張るよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 住建産業オープン広島ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!