ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

久保谷健一2日目も首位

3年前の今大会で優勝を経験した久保谷健一が2日目も首位を守っている。4アンダー2位に飯合 肇。また、1984年にプレーオフを制して勝利した尾崎健夫が首位と2打差の3位タイにつけている。7年前のテーラーメイドKSBオープン以来、優勝から遠ざかっているだけに復活を期待したいところだ。5位には鈴木亨深堀圭一郎友利勝良ら6人。

4バーディ、1ボギーとした久保谷健一は「今日は、バーディ・ボギーよりパーセーブが光っていた。他だとこう攻めなきゃいけないと分かっていてもそれが出来ないけど、ここでは出来る」 コースとの相性は抜群にいい。「明日は自分より上のスコアの人がいるつもりでプレーします。アンダーで回りたいですし」

<< 下に続く >>

「16番ホールのイーグルが17・18番につながった。今日は必死で挑んだ結果がイーグルを呼んだね」 昨日は16番から3連続でボギーとしたところを今日はイーグルでリベンジの飯合肇。9・10番のバーディチャンスは入れたいと思いつつも、「はずれてもいい」という心の余裕があった。リラックスしてプレーできたことが功を奏したと言えそうだ。

尾崎健夫は4バーディ、2ボギー。「先週まで下半身強化に力を入れてきたし、今週は(川奈)ホテル泊まりなので、たっぷり球が打てて上がり調子だ。自分の持っている引き出しを目一杯使う。勇気を出して攻めるところ、引くところをハッキリさせて頑張るよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!