ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉は一歩後退…平塚、川村が2差3位に浮上

◇国内男子◇アジアパシフィックゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン2日目◇茨木カンツリー倶楽部(大阪府)◇7,328ヤード(パー71)

大会初日に8アンダーをマークして首位スタートをきった片山晋呉は、3バーディ、5ボギーで通算6アンダーの2位に後退。2位スタートのパリヤ・ジュンハサバスディクル(タイ)が、3バーディ、2ボギーとスコアを1つ伸ばして通算7アンダーで単独首位に浮上した。

首位の座を明け渡した片山は「昨日最高、今日最低と言ったところ。(2日間)終わってみれば、同じだね。今日は流れも悪かった。でも特に何かを変えることは無い。明日もこのままやれれば」と、気を落とすことはなく決勝ラウンドに挑む。

初日はこの2人が3位以下に4打差以上をつけて抜け出したが、片山と1打差の通算5アンダー3位に平塚哲二川村昌弘S.J.パク(韓国)の3人が迫ってきた。さらに1打差の通算4アンダー6位には白佳和ソン・ヨンハン(韓国)、ロリー・ヒー(インドネシア)、この日5ストローク伸ばしたブラッド・ケネディ(オーストラリア)が上位に食い込んできた。

大会連覇を狙う小林正則も7バーディ、3ボギーとスコアを伸ばし通算1アンダー18位タイに浮上し。一方、この大会がレギュラーツアー今季初戦となった井戸木鴻樹は、通算7オーバーの88位タイ。昨年の賞金王、藤田寛之も初日の出遅れを取り戻せず、通算10オーバー109位タイで予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。