ニュース

国内男子フィリップモリスチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

またしても佐藤信人が初日単独首位

国内男子ツアー「フィリップモリス・チャンピオンシップ」が開幕。初日から好スコアが続出し、ハイレベルな戦いとなっている。

初日首位に立ったのは8バーディ、1ボギーで7アンダー65をマークした佐藤信人。10月に入ってからの佐藤は、東海クラシック、日本オープンとそれぞれ初日に単独首位になっている。東海クラシックでは最終的に20位まで順位を下げたが、日本オープンでは5位に、先週行われたブリヂストンオープンでも最終日に67をマークし14位に入るなど、調子は上向きのようだ。

「今年は9月終わりから成績、調子も上がってきて、賞金ランクもコツコツと上がってきて、あわよくば(日本)シリーズ出場が見えてきた。10連戦ですから体調的にはきついですけど、気分は充実してきている。それなりのトレーニングはしてきているので、特に痛いところとかはありません」

先週、シーズン4勝目を上げた伊沢利光も5アンダーの5位と好スタートを切った。「今日は90点から95点くらい。全体的に良かった。ショットもアイアンもアプローチも。パターもそれなりに入っていたし、あまり言うことはないですね。とりあえず優勝を狙える位置でいきたいですね」

その伊沢にあと一歩のところで敗れたジャンボ尾崎も4アンダーとまずまずのスタートを切った。同じく先週のブリヂストンオープンで追い詰めながら、自らスコアを崩してしまった中嶋常幸も3アンダーの18位につけている。

今週は優勝賞金が4000万円と高額でもあるので、明日以降さらにヒートアップした好スコアでの争いを期待する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 フィリップモリスチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!