ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

プロはミタ!「あいつが一番」総選挙!

「週刊ゴルフダイジェスト」(2012年12月11日号)より

2012年のプロトーナメントも、いよいよ今週の男子「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で終了。今シーズンも古今東西、男女ともに若手の躍動やニュースターの登場、ベテランの奮闘、そして世界のトップ選手の熾烈な戦いが続き、ゴルフファンを熱くさせた。

そんな中、「週刊ゴルフダイジェスト」では、日本の男子ツアープロ60人にアンケートを行っている。「ショット」「アプローチ」「パット」の各部門にわけ、「プロで誰の技術が一番だと思いますか?」と聞いたのだ。いわば、プロによるプロの「あいつが一番」総選挙。さて、12月11日号に掲載されているその結果とは……。

実は週刊GDでは昨年もこの総選挙を行ったが、その際にショット部門のトップに推されたのは、昨年の男子ツアー賞金王、ベ・サンムンだった。さすがにその年に一番活躍した選手の名が挙がったわけだが、プロの目は彼の飛距離よりも「体幹の強さ」「バランスの良さ」などに注がれていた。

とかくアマチュアは豪快で飛距離が出る石川遼らのスウィングに目が行きがちだが、一打の正確性を求めるプロたちは「シンプルで再現性が高い」「動きにムダがなくオンレーンに振れる」といった面をより高く評価している。今年のランキングでも「安定感の高さ」では片山晋呉が昨年に引き続き上位にランクされ、若手の注目株・川村昌弘上平栄道なども「リズムが一定している」と評された。そしてさらに、現在世界ランクトップのR・マクロイや、2位のL・ドナルドら海外勢も上位に名を連ね、「美しさと力強さが両立している」と絶賛されている。

アプローチ・パットになると、やはり“経験”が物を言う世界になってくる。ベテラン勢が多く登場してきた。賞金王を争う藤田寛之谷口徹をはじめ、平塚哲二中嶋常幸らの名前も。アプローチでは「練習量からくる引き出しの多さ」、パットでは「どんな場面でもしっかり打てる」と、上手い選手には共通した強さがある、とプロは口を揃える。

意外な選手がトップに立つ、という詳しいランキングは誌面に委ねるとして、投票するのは常に世界の頂点を目指すトッププロたちだけに、「何言ってんの。オレが一番に決まってるじゃない!」なんていう答えもちょっと期待したのだが、皆謙虚に他のプロを推す。心の中ではライバル心が燃えつつも、少なくともプロは常に研究熱心で、他のプロのいいところは盗もうとしているのがよくわかった。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。