ニュース

国内男子サン・クロレラクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

風に強い!友利勝良が首位タイでスタート

国内男子ツアーは猛暑知らずの北海道でサン・クロレラ クラシックが開幕した。しかし、8月とは思えないような涼しい天候に戸惑う選手もいた。

初日はスコアが伸びず、トップは3アンダーで3人が並んだ。久保谷健一菊池純友利勝良が4バーディ1ボギーでのラウンドとなった。風が強く各選手ボールコントロールに苦しむ中、好スコアをマークしたのは英国育ち!? の友利だった。1996年の欧州ツアーQスクールを突破し、翌97年からは欧州ツアーに挑戦しつづけた友利が本領を発揮した。

<< 下に続く >>

「今日はドライバーが良かったので、このスコアが出た。ドライバーのティの高さは変えていない。球筋も同じ。高低を打ち分けていない。意識すると曲がる。風が強いときは自分の持ち球が低い分キャリーが出ている」今週は風を制した選手がトーナメントを支配しようだ。

また、ディフェンディングチャンピオンのジャンボ尾崎はインコースからスタートし、10番でバーディを奪ったが、13番パー4でダブルボギーを叩くと、14、15番でも連続ボギーで3オーバーまでスコアを崩した。しかし、アウトコースではバーディを4つ奪い1アンダーの7位に入った。連覇に向け首位と2打差はまずまずと言えよう。

ジャンボと同じ組に入っていた伊沢利光は、先週痛めた親指の付け根の状態が優れず欠場となった。全米プロを2週間後に控え、間に合うのか不安だ。

関連リンク

2001年 サン・クロレラクラシック



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!