ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権イーヤマカップの最新ゴルフニュースをお届け

ラッキーだった! 佐藤、久保谷。そして、狙い打ち状態の谷口が5アンダーで首位

2002年7月4日 ツアープレーヤーのナンバーワンの座を争う、日本ゴルフツアー選手権イーヤマカップが開幕した。火曜、水曜の練習ラウンドは、雨が降ったりやんだり、梅雨らしい天候だった。しかし、大会初日は梅雨の中休みといった感じの晴天に恵まれた。

まず、スコアを伸ばしたのは、今シーズン2勝を挙げている久保谷健一と、佐藤信人の2人。先週まで行われていた、全英オープン日本予選のランキングを1位で獲得した久保谷は、10、11番を連続バーディでスタートした。14番では1メートルのパーパットを外して1アンダーに後退したが、16番パー5、17番パー3で再び連続バーディを奪った。

後半はパーセーブを繰り返すと、6番から3連続バーディで単独首位に浮上。最終9番でボギーを叩き5アンダーになったが、先週の予選落ちは引きずっていないようだ。

「いつもいつもラッキーと言っていますけど、今日は本当にラッキーでした。池に入ってチップインパーというのもありましたし、8番ではドライバーを曲げたのが木に当たって出てきたり、3打くらい得した感じです」

同じ組でラウンドした佐藤が、久保谷を上回るバーディ、イーグルでスタートした。前半を5アンダーで折り返したが、後半は1バーディ、1ボギーと伸ばすことはできなかった。

「このコースは、あまりいい印象がない。ドッグレックしているホールが多いので、フェードボールが要求される。自分はドローしか打てないから。ショットは前半すごく良かったですね。ずいぶん満足しています。後半はスコアを維持したいという気持ちがおきてしまって...」目標の一つでもあった全英への出場はならなかったが、今週優勝すればワールドゴルフチャンピオンシップへの出場資格が手に入る。

そして、午後スタートでスコアを伸ばしたのは谷口徹だった。「ドライバー、ショットともに狙い打ちできるぐらい良かった。今日はグリーンが軟らかくて止まりやすいのはわかっていたから、ピンを狙っていった。あとはパターが入ってくれれば、あと2つ入っていれば文句ない」

この日の谷口は6バーディ、1ボギーという内容だったが、スコア以上に感触はいい。昨夜、ノドの調子がよくなかったが、早めに休み、今日は体のキレもいいと言う谷口が、明日以降もスコアを伸ばすのだろうか。

また、首位の3人を追っているのは真板潔だ。遅い時間のスタートになった真板は、17番ホールを終えて6アンダーで単独首位に立っていた。しかし、最終18番で池につかまり痛恨のダブルボギー。明日も好スコアをマークできるか注目したい。

ディフェンディングチャンピオンの宮本勝昌は、6オーバーと大きく出遅れた。ラウンド後、コメントを求めると、「ベストは尽くした」と一言残し、ロッカールームに消えていった。

また、この大会初代チャンピオンの伊沢利光は3アンダーでホールアウトした。首位と2打差は好位置、今シーズンの1勝目をメジャーで飾ることができるだろうか。

関連リンク

2002年 日本ゴルフツアー選手権イーヤマカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~