ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

手嶋多一、宮本勝昌が19アンダーでプレーオフへ・・・

国内男子ツアー第14戦「アイフルカップゴルフトーナメント」が、石川県にあるゴルフクラブツインフィールズで開催された。昨年は20アンダーをマークした今野康晴が優勝したが、今年も20アンダーに届こうかという展開になった。

15アンダーで最終日を迎えた最終組3人の優勝争いになるかと思われたが、初日から好スコアを維持してきた鹿田英久がスタートから3連続ボギーを叩き脱落。代わって優勝争いに加わってきたのは2週連続優勝を狙う宮本勝昌だった。

前半に4ストローク伸ばした宮本が17番パー5で19アンダーに伸ばすと、手嶋、平塚も同じ17番でバーディを奪い3人の優勝争いは最終ホールまでもつれた。しかし、最終18番で平塚が3パットのボギーを叩いてしまい大詰めで脱落。手嶋と宮本のプレーオフへ。

その1ホール目の18番ホールで、先に2オンした宮本の内側に手嶋が乗せ、慎重にバーディパットを沈めた。手嶋は今シーズン最終日を首位で迎えながら優勝を逃してきたが、これが3度目の正直になった。

敗れた宮本も「満足!」というほど良いゴルフをしていた。そして最終ホールでボギーを叩いてしまったが、平塚もその実力を余すことなく発揮した。次こそは優勝を狙ってもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 アイフルカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。