ニュース

国内男子マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

終盤も落ち着いてスコアを伸ばした谷原がツアー初優勝!!

国内男子ツアー第9戦「マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーナメント」が、兵庫県のよみうりカントリークラブで開催された。プロアマ戦から続いた霧に加え、台風の接近により、4年ぶりに初日の競技が中止。金曜日に第1ラウンドが行われ、大会は3日間54ホールに短縮されることになった。

最終日を単独首位でスタートしたジャンボ尾崎は、雨による中断などが入り、それまでの勢いを完全に失ってしまった。代わって首位に踊り出たのは24歳、プロ入り2年目の谷原秀人だった。前半で5バーディを奪い頭1つ抜け出すと、終盤まで僅差のリードをキープした。

初優勝のプレッシャーがかかる終盤も、谷原は落ち着いたプレーを続けた。16番パー5では、2打目を大きく右に曲げたが、3打目でグリーンを確実に捕えバーディ。さらに、17番パー3ではピン真横にワンバウンドさせ、40センチにピタリとつけバーディ。そして最終18番パー5で、おまけのバーディフィニッシュ。通算16アンダーでツアー初優勝を果たした。

東北福祉大学時代は、今大会のホストプレーヤー星野英正の後輩として活躍し、2001年にプロ転向。昨シーズンは賞金ランキング78位で惜しくもシード権獲得は出来なかった。しかし、年末のクオリファイでは6日間の長い戦いをトップで通過、今シーズンの出場資格を掴んだ。今後が楽しみな選手がまた一人現れた。

3打差の13アンダーで2位になったのは、最終日に7ストローク伸ばした佐藤信人だった。16番パー5で2打目をミスし、スコアを崩した佐藤だが、最終18番でイーグル逃しのバーディフィニッシュとなった。

さらに1打差の単独3位になったのは矢野東。順調にスコアを伸ばした矢野は、17番パー3でこの日7つ目のバーディを奪い谷原に追いついた。しかし最終18番でセカンドショットを大きく右に外し、寄らず入らずボギーフィニッシュ。初優勝のチャンスが消えてしまった。

また、注目のジャンボ尾崎、尾崎直道、伊沢利光の3人は、伊沢が前半からスコアを崩し、直道も後半スコアを崩した。苦しみながらもスコアを1つ伸ばしたジャンボは、フジサンケイに続き今シーズン2度目の4位フィニッシュとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。