ニュース

国内男子マンシングウェアオープンKSBカップの最新ゴルフニュースをお届け

スタートで抜け出した宮瀬がシーズン2勝一番乗り!!

国内男子ツアー第6戦「マンシングウェアオープンKSBカップ」が5月22日(木)から25日(日)までの4日間、兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部で開催された。

先週行われた今季メジャー第1戦の日本プロから始まった、全英オープン日本予選のポイントもかかっているため、熱い闘いが繰り広げられた。優勝したのは、9アンダー2位からスタートし、通算13アンダーを記録した宮瀬博文

1番パー5で幸先の良いバーディを奪った宮瀬は、2番でもバーディを奪い、3番パー3では1オンできなかったが、エッジから放ったアプローチがカップインし3連続バーディ。一気に単独首位に踊り出た。

同じ最終組でラウンドした10アンダーからスタートした手嶋多一S.K.ホがスコアを伸ばせず苦しむ中、序盤のリードを守りきった宮瀬が、ツアー通算6勝目。今シーズンの2勝目を果たした。先週優勝した片山晋呉は、すでに全英の出場資格を有するため、宮瀬が4つある指定席の1つを奪う可能性が高くなっている。

先週2位に終わったS.K.ホは、好調なゴルフを維持し首位で最終日を迎えた。しかし、最終日は思うようにスコアを伸ばせず2週連続の2位に終わった。

また、一昨年このコースで開催されたときに優勝を飾ったディネッシ・チャンドも最終日にスコアを伸ばし上位に加わった。相性の良さはでたが、優勝争いに加わるほどの勢いは出てこなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 マンシングウェアオープンKSBカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。