ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

快挙達成の松山英樹「ファンを引き連れるプレーヤーに」

東北福祉大2年の松山英樹が快挙を成し遂げた。静岡県で開催された国内男子ツアー第22戦「三井住友VISA太平洋マスターズ」。2日目の降雨の影響で54ホールの短縮競技となる中、首位と2打差の2位で最終ラウンドを迎えた19歳が「68」をマークして通算13アンダーとし、アマチュアプレーヤーとして史上3人目となるツアー優勝を果たした。

新たな快挙は、驚きの連続の中で生まれた。3番(パー5)のイーグルなどで2位タイで前半を折り返した松山は、後半11番でバーディ。13番で2.5メートルのパーパットを沈めると、14番から2連続バーディを決めて単独首位に躍り出た。17番(パー3)で第1打をグリーン右に外しボギーとして、2位以下とのリードは1ストロークに。しかし最終18番(パー5)。会心のドライバーショットでフェアウェイをとらえると、残り177ヤードの第2打は8番アイアン。静寂に包まれて放った一打は、ピン右50センチに着弾し大歓声を呼んだ。

新たな歴史の1ページを刻むウィニングパット。だが震える両手でボールをカップに沈めても、雄たけびも、派手なガッツポーズも無い。イーグルで決めた歓喜のシーンは、帽子を取ってペコリと頭を下げ、同伴競技者に礼をつくして握手を交わしただけだった。

「嬉しいけれど、本当に優勝したのかなと言う感じ。ローアマを狙っていたら優勝しちゃいました」。最終日前夜も緊張に悩まされる様子も一切なく、最終18番のティグラウンドで発した言葉も「腰は痛くないな。腹筋がついたかな」。強心臓ぶりはこの日も健在だった。

4月のマスターズで日本人史上初のローアマチュアに輝いた松山。世界最高峰の舞台を経験した後、飛距離と安定性を同時に求め、半年あまりで何度もスイングを変えてきたという。体格はひと回り大きくなり、ズボンのウエストは当時より3サイズ上がった。10月にアジア・アマチュア選手権を制し来年のマスターズ出場権も獲得すると、直後の「日本オープン」ではオーガスタ用のウェッジをテスト。夢舞台での経験がさらなる高みを目指すきっかけとなったのは言うまでもない。

アマチュア優勝は2007年の「マンシングウェアオープンKSBカップ」で当時高校1年生の石川遼が達成して以来。日本中が沸いた同学年のスターの存在は、松山にとっても“特別”になった。石川の快挙の2カ月前、ジュニアの大会で優勝争いしたはずの相手が、プロを相手に勝った。日曜日の昼間。バスの中で友達から知らされると「絶対ウソ!ローアマだろ?」と信じられない、信じたくない思いでいっぱいだった。「悔しかった。すごいなあ、いいなあと思った」というのが15歳の正直なところだった。

だが4年後、今度は自分が新しい歴史の1ページを刻んだ。2013年までにプロ宣言すれば、シード権も手にするが「大学に行っているからこそ、力がついている。ちゃんと卒業してからプロの道に行きたい」と当面はアマチュアとしてプレーすることを改めて明らかにした。

「ひとつ階段を上った、というかジャンプした感じ」。だが「通過点に過ぎないと思っている」とゴールはずっと先にある。「良い時も悪い時もファンを連れて歩けるプレーヤーになりたいと思います」。怖いもの知らずの新鋭が、富士山のふもとで、また大きな一歩を踏み出した。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。