ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉、タイガー、P.ハリントンの日・米・欧賞金王が三つ巴に!

宮崎県にあるフェニックスカントリークラブで行なわれている、国内男子ツアー第27戦「ダンロップフェニックストーナメント」の3日目。気温11度という寒さと、朝から降り続く雨に見舞われ各選手が伸び悩む中、通算6アンダーでトップに並んだのがタイガー・ウッズ(アメリカ)とパドレイグ・ハリントン(アイルランド)だった。

トップの2人が最後まで粘り強くプレーした。なかでもタイガーは、2番ホールでティショットがフェアウェイにある木の横に行ってしまい、左打ちで出すだけとなってボギー。さらに7番パー4でも、セカンドショットがグリーン手前のバンカーへ捕まり目玉になると、直接狙えず後ろにださなければならず4オン、2パットでダブルボギーとするなど不運が続いた。それでも3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと踏ん張りを見せ、首位をキープした。一方のハリントンも、何度かピンチを迎えたものの、最終的には3バーディ、3ボギーでスコアを落とすことなくホールアウトしている。

通算4アンダーの単独3位には、1バーディ、2ボギーでラウンドした片山晋呉が続き、通算3アンダーの単独4位に4バーディ、2ボギーでこの日のベストスコア「68」をマークした谷口拓也が急浮上。この結果、明日の最終日は、日・米・欧の賞金王、片山、タイガー、ハリントンが最終組で三つ巴の争いを繰り広げることになる。

その他の注目選手では、深堀圭一郎が5バーディ、4ボギーでスコアを1つ伸ばし、通算2アンダーの5位タイ。ジャスティン・ローズ(イングランド)もスコアを2つ落としたが、何とか同ポジションに踏み止まっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!