ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

12年前の覇者、片山晋呉「帰ってきたよ!」

歴代優勝者の1人、片山晋呉が「ダンロップフェニックストーナメント」の3日目に3ストローク伸ばして通算7アンダー6位タイに浮上してきた。スタートの1番、さらに5番とボギーを先行させたが、バック9に入ると5つのバーディを量産した。

「やっぱり、ここはいいよね」と、フェニックスカントリーの雰囲気を楽しむ片山。「いま、ラウンドしている誰よりも俺がここには詳しいし、コースが守ってくれるというか、トラブルにならないように持って行ってくれる」。

<< 下に続く >>

毎年、オフシーズンには短くても2週間、長いときには1ヶ月以上フェニックスで合宿を行う片山。「冬は冬で難しいコースだけど、この時期のフェニックスは風も難しいしラフだって簡単じゃない。でも、こうやって良いゴルフができると、帰ってきたなーって気持ちになるんだよね。俺にとって家みたいなもんだしね」と笑顔は続く。

今年で15回目の出場となる片山は、2000年大会で通算19アンダー(265)ストロークで、日本人選手としては尾崎将司に次ぐ2人目の大会制覇を果たした。全盛期のゴルフまでは取り戻していないが「最近すごく調子がいいんですよね。気力も充実していますよ。戦う準備がすんなりと出来るようになってきた」と、表情を引き締める。

海外の強豪を押しのけた勝利から12年の月日が流れたが、いま再び、片山の中に優勝を狙う意欲が沸き立っている。(宮崎県宮崎市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!