ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

中年の星!加瀬秀樹が首位に並ぶ

東京都にある東京よみうりカントリークラブで行われている、国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の2日目。大会初日を終了して、スコアボードの上に外国勢が並び今シーズンを象徴する展開。この状況を打開するべく、今季8年ぶりに復活優勝を飾った出場選手の中で最年長の加瀬秀樹が奮起した。

大会初日終了後、「上位陣に外国勢しかいなくいい発奮材料になった」と話した加瀬は、首位を1打差で追う2位タイからのスタート。前半は1つしかスコアを伸ばせなかったが、後半10、12番、そして17番パー5でバーディを奪って、首位を走るブレンダン・ジョーンズに追いついた。

一方、初日首位に立ったジョーンズは、前半から果敢にスコアを伸ばし大きくリードを広げ、17番までに2桁の10アンダーまで乗せた。だが、最終18番パー3で痛恨のダブルボギーを叩き、通算8アンダーで2日目を終えた。

そして、通算6アンダーの3位タイには深堀圭一郎など3人。通算5アンダーの6位タイには、韓国のY.E.ヤン鈴木亨宮本勝昌の3人が追走している。

そのほか賞金王争いは、谷口徹が11番でダブルボギーをたたくなどスコアに伸び悩み、この日1つスコアを落として通算1オーバーの18位。また大会前から体調が悪く、初日終了後病院に直行した片山晋呉。この日、なんとか出場を果たした片山だが、ボギーが先行してしまい3バーディ4ボギーでラウンド。通算4オーバーの21位に低迷している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!