ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

2位の谷口徹「イーグルで勝ったと確信があった」

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」最終日、首位と6打差の6位タイからスタートした谷口徹が、トーナメントレコードタイの「61(9アンダー)」で回って単独2位にジャンプアップ。17番でイーグルを奪って、一時は2打差の首位に立ったが、藤田寛之に残り3ホールで逆転され、今季2勝目はならなかった。

「スタート前、良かった時のパッティングイメージでやってみたら、昨日まで全然入らなかったけど、1番(ホール)で入って確信出来た。それからはすべて入るようなストロークが出来た」と谷口。前半4バーディを奪うと、後半も15番までに3バーディ。17番では6mのイーグルパットを沈めて派手なガッツポーズを3度繰り出した。

その時点で通算14アンダーとし、2位の藤田とは2打差の首位に浮上したが、藤田が16番でバーディを奪い、17番はイーグル、18番でも難しいバンカーショットをピンそば60cmに寄せてパーセーブ。

「大したもんですね。あの状況でイーグルを獲って、最後も普通の選手ならボギーか、上についたらダボもある。ビッケしかいないですね。2打目は最高のタッチで、手で投げてもあんなに寄らないと思う」。

「僕の中ではイーグルで勝ったと確信があった」という谷口だが、藤田のプレーには脱帽するしかなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。