ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

タイガーぶっちぎり!完全優勝で日本ツアー初制覇!

宮崎県にあるフェニックスカントリークラブで行われている、国内男子ツアー第27戦「ダンロップフェニックストーナメント」の最終日。3日目を終えて2位以下に10打差をつけたタイガー・ウッズのスーパープレーを見ようと、多くのギャラリーが会場に足を運んだ。

タイガーは、3番パー3でピンそば40センチにつけるスーパーショットでバーディ奪い、順調な立ち上がりを見せる。6番では返しのパットがカップに嫌われ3パットのボギーとしてしまうも、8番、そして9番の第2打をピンの根元7センチに落とすミラクルショットが炸裂。連続バーディとし、前半を2アンダーで折り返した。

続く後半戦、11番でこの日2回目の3パットをしてしまうも、13、15番でバーディを奪い通算16アンダーでフィニッシュ。タイガーがこの大会の最小ストローク「264」を樹立し、4日間首位を一度も譲らず日本ツアー初優勝を飾った。ちなみにストローク戦では今季初、またエリンさんと結婚してからも初の勝利となった。

なお、通算8アンダーの単独2位に川岸良兼が入っている。前半で4つバーディを積み重ねて、タイガーを必死に追い上げた。しかし後半は出入りの激しいゴルフとなりスコアに伸び悩んだが、この日好スコア「65」で周り、3位の崔京周を抑えた。

そのほか、賞金ランキング1位の片山晋呉は、最終日に3つ伸ばして通算2オーバーの17位タイ。同ランキング2位の谷口徹はこの日のベストスコア「64」を叩き出し、通算2アンダーの8位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。