ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木亨、現役最長の18年連続賞金シードが途絶える

2011/11/25 18:58


高知県にあるKochi黒潮カントリークラブで開催中の国内男子ツアー第24戦「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」2日目。鈴木亨が通算7オーバーの73位タイで予選落ちを喫し、現役選手として最長の18年連続で確保していた賞金シード権を喪失した。

今季開幕前から首の故障に悩まされ、予選落ちを繰り返してきた鈴木。2週前の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で3位タイ、前週の「ダンロップフェニックストーナメント」も予選を通過して56位となり、賞金ランク77位タイで、今大会に乗り込んできた。

しかし初日3オーバーの65位と出遅れると、この2日目も4つスコアを落とし、巻き返しはならず。ランキング上位70位には届かず、決勝ラウンドを戦う前に記録に終止符が打たれ「終わる時はあっけない。もう少し頑張りたかった」と、ひとつの節目を迎えて大きく息をついた。

プロ5年目の1993年「ジュンクラシック」で初優勝、賞金ランク24位に入ってシードを獲得して以来、 守り続けてきたツアープロとしての“勲章”を失った。しかし来シーズンは「生涯獲得賞金ランキング上位25位以内の資格」を適用。再びレギュラーツアーを戦うことになる。

「シニアになるまでに、やりたいことが残っている。何らかの形で“日本一”を獲りたい」と日本タイトル獲得に意欲。「青木(功)さんに『年だ、年だって言ってるからダメなんだ』と言われてね。前向きに行かなきゃなと思う」。ツアー通算8勝、45歳の挑戦は続いていく。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。