ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

ダレン・クラークなど招待選手が上々のスタート!!

国内男子ツアー第26戦「三井住友VISA太平洋マスターズ」が、静岡県にある太平洋クラブ御殿場コースで開幕した。今週から3週間に渡るインターナショナルシリーズが開幕、国内選手の賞金争いも佳境に入ってきたが、海外選手のプレーを見ようと多くのギャラリーが会場に詰め掛けている。

初日首位に立ったのは、ここ数試合好調を維持している川岸良兼と、招待選手の1人ダレン・クラーク(北アイルランド)の2人。10番ホールからスタートしたクラークは、いきなり3連続バーディで飛び出した。一時は7アンダーまでスコアを伸ばしたが、8番ホールで唯一のボギーを叩き6アンダーフィニッシュ。川岸も3番パー5でイーグルを奪うなど順調にスコアを伸ばしている。

首位と1打差の2位には、逆転で賞金王の座を狙う谷口徹、今シーズン復活の優勝を果たしたか加瀬秀樹や川原希、葉偉志の4人が並んでいる。さらに1打差の4アンダー7位には、現在賞金ランキングで首位に立つ片山晋呉、この大会と相性が良いリー・ウエストウッド(イングランド)など9人が並ぶ大混戦となっている。ウエストウッドは1996年から3連覇を果たしており、今回優勝すると最多優勝回数の記録を更新することになる。

3アンダーの16位グループにも招待選手のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)、星野英正倉本昌弘など注目選手が並んでいる。この大会で過去に優勝経験を持つ中嶋常幸、伊沢利光は1アンダー36位と少し出遅れてしまった。初日は招待選手が好スタートをきったが、2日目以降日本のトップ選手たちがスコアを伸ばすか注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。