ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

雷雲接近!初日のラウンドは半数の選手がホールアウトできず

国内男子ツアー第22戦「日本オープンゴルフ選手権競技」が、石川県の片山津ゴルフ倶楽部・白山コースで開幕した。午前中はどんよりとした曇り空だったが、午後に入り雷雲が接近しプレーは一時中断。そのまま再開されることはなく、サスペンデッドになってしまった。

初日18ホールラウンドできたのは午前スタートの選手のみ。その中で最も好スコアをマークしたのは谷口徹だった。10番ホールからスタートした谷口は、11番でボギーが先行。ところが、14、16、1番のパー5で着実にバーディを奪うと6、7番で連続バーディ。4アンダーをマークして今大会をリードする形になった。

<< 下に続く >>

2打差の2アンダーには中嶋常幸、ディネッシ・チャンド、小田龍一など6人が並んでいる。中嶋は18ホールのラウンドを終了しているが、小田は3ホール目に入ったところで中断に巻き込まれた。スタートから連続バーディを奪った直後だけに良い流れを止められてしまった感がある。

さらに1打差の7位グループには、今季好調のポール・シーハン谷口拓也、神山隆志が並んだ。同じく7位には今季からシニアツアーにも参戦している友利勝良や金鐘徳などベテラン勢と並び、田村尚之、石川結貴といったアマチュア選手も含まれている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!