ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

歴史的大逆転!石川遼が12バーディで今季初優勝

愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開催されている、国内男子ツアー第3戦「中日クラウンズ」の最終日。7アンダー単独首位からスタートした丸山茂樹を中心に上位選手の中から誰が飛び出すか注目された展開に、突如割って入ったのが1アンダー18位タイからスタートした石川遼だった。

1番、2番を連続バーディでスタートした石川は、4番から3連続、さらに8番、9番もバーディを奪い、前半を7アンダーの「28」で折り返した。この時点で通算8アンダーまで伸ばし、スタートして4ホールパーを積み重ねた丸山を抜き去り単独首位に立った。

その勢いは止まることを知らず、8番から続いた連続バーディは11番までの4連続となった。そして終盤の14番からも3連続バーディと、この日12個のバーディを積み重ねて1ラウンド「58」というツアー新記録を打ち立てた。終わってみれば、2位に5打差という大差をつけて今シーズンの1勝目を果たした。

通算8アンダーの2位タイには2週連続優勝を狙った藤田寛之ポール・シーハン(オーストラリア)。通算7アンダーには、2番パー5でイーグルを奪うなど石川の次に好スコアとなる7アンダーをマークしたカート・バーンズ(オーストラリア)。さらに1打差の通算6アンダー5位タイに、予選2日間首位をキープした上井邦浩など3人となった。

また、単独首位スタートの丸山茂樹は、通算5アンダーで大会連覇を狙った平塚哲二今野康晴と並び8位タイ。通算4アンダー8位タイスタートの池田勇太は、石川とは対象的に5ストローク落とし、通算1オーバーの24位タイに終わっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。