ニュース

欧州男子ボルボワールドマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ボルボワールドマッチプレー選手権
期間:10/29〜11/01 場所:フィンカ・コートシンGC(スペイン)

4強出そろう!A.キムvsR.アレンビー、A.カブレラvsR.フィッシャー!

スペインにあるフィンカ・コートシンGCで開催されている、欧州男子ツアー「ボルボワールドマッチプレー選手権」の2日目。2日間の予選リーグを終え、アンソニー・キム(アメリカ)、ロバート・アレンビー(オーストラリア)、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)、ロス・フィッシャー(イングランド)の4人が準決勝進出を果たしている。

4つのグループに分かれて戦われた予選。グループAはキム、レティーフ・グーセン(南アフリカ)、スコット・ストレンジ(オーストラリア)の3人が2勝を挙げて4ポイントで並んだが、奪ったUP数の一番多かったキムがグループ1位。以下、ストレンジ、グーセン、ポール・ケーシー(イングランド)の順となった。

<< 下に続く >>

グループBは3試合で2勝1分けのロバート・アレンビー(オーストラリア)が逆転でグループ1位を獲得。準決勝進出を果たした。以下、オリバー・ウィルソン(イングランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、マーティン・カイマー(ドイツ)の順で順位が確定している。

グループCは2勝をいずれも大勝で飾ったアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)が1位通過。ロリー・マキロイ(北アイルランド)は巻き返しを見せてカブレラと同ポイントで並んだが、2勝はいずれも接戦となり獲得UP数が少なく2位。以下ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、サイモン・ダイソン(イングランド)が続いた。

グループDは、ロス・フィッシャー(イングランド)が1位通過。2位にはカミロ・ビジェガス(コロンビア)、3位にリー・ウェストウッド(イングランド)、4位にインドのジーブ・ミルカ・シンという順位となった。

各組1位で通過した選手同士で争われる準決勝はキムvsアレンビー、カブレラvsフィッシャーというカードに決定。ハイレベルな戦いから目が離せない。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ボルボワールドマッチプレー選手権

  • 2009/10/29~2009/11/01
  • 優勝:R.フィッシャー
  • 賞金総額:3,250,000
  • フィンカ・コートシンGC(スペイン)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!