ニュース

欧州男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

メジャー今季第2戦!日本勢は松山英樹、藤田寛之ら4人が参戦

2013年度の海外メジャー第2戦「全米オープン」は13日(木)、米ペンシルベニア州メリオンGC(東コース)で開幕する。フィラデルフィア近郊の名門クラブでの開催は1981年大会以来、32年ぶり5度目。1930年の「全米アマ」ではボビー・ジョーンズが当時前人未到のグランドスラムを達成した由緒ある地で、世界最高のゴルファーが決まる。

オリンピッククラブで開催された昨年大会では、ウェブ・シンプソンが最終日に逆転勝利。3日目を終えて首位とは4打差と離れていたが、「68」をマークして通算1オーバーで26歳にしてメジャー初タイトルを獲得し、スターへの階段を駆け上がった。

しかし今年も開幕前の一番の話題はタイガー・ウッズを置いて他ならない。通算14勝目、最後のメジャー制覇は2008年の同大会。一度は失った世界ランクトップの座にも復帰し、今季既にツアーで4勝。再び「完全復活」の期待がかかる中での戦いとなる。

そして今季不振の続く世界ランク2位ロリー・マキロイ(北アイルランド)は11年大会のチャンピオンであり、復調のタイミングは常に注目の一つ。また、10年大会を制した同郷のグレーム・マクドウェルは昨年、惜しくも2位タイに終わったが、今季は欧州ツアー「ボルボマッチプレー選手権」を制し、状態は上向き。メリオンもまた、問われるのはショットの正確性。昨年ともに涙をのんだジム・フューリックジャスティン・ローズ(イングランド)も、優勝候補だろう。

そして日本勢は、5月27日に大利根カントリークラブで開催された地区予選を勝ち抜いた松山英樹藤田寛之塚田好宣上田諭尉が出場権を手にした。最大の注目は、現在国内ツアーの賞金ランクを独走する松山だ。プロ初年度の今年、5試合で優勝2回、2位2回という驚異的な戦績をひっさげて渡米。昨年の「マスターズ」以来となる海外メジャーを戦う21歳のプレーから、目を離すわけにはいかない。

【主な出場予定選手】
W.シンプソンT.ウッズR.マキロイA.スコットJ.ローズB.スネデカーL.ドナルドG.マクドウェルL.ウーストハイゼンM.クーチャーL.ウェストウッドP.ミケルソン松山英樹藤田寛之塚田好宣上田諭尉ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。