ニュース

欧州男子リンデ・ドイツマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 リンデ・ドイツマスターズ
期間:09/18〜09/21 コローニュ、グットラーケンホフ(ドイツ)

韓国の崔京周が4ツアーに跨る勝利を手にした!!

2003年欧州ツアー第34戦『リンデ・ドイツマスターズ』が、ドイツのコローニュにあるグットラーケンホフで開催された。この大会で過去4勝を挙げている地元ドイツのベルハルト・ランガーに注目が集まったが、そのランガーはスコアを伸ばせず予選落ち。他のドイツ勢では、ポストランガーといわれるアレックス・チェイカが、最終日に7ストローク伸ばし17アンダーで13位に食い込んだ。

優勝争いだが、初日にスウェーデンのフレデリック・ヤコブセンが、12アンダー「60」という最少スコアを記録しバーディ合戦の幕が開けた。2日目はイングランドのイアン・ポールターが首位に浮上。そして3日目には韓国の崔京周が、21アンダーまでスコアを伸ばした。今年2月に行われた「ジョニーウォーカークラシック」で南アフリカのアーニー・エルスが記録した29アンダーというツアー記録に迫る勢いだった。

最終日を2位に1打差の単独首位でスタートした崔京周だが、4番でボギーを叩き、2位につけていたスペインのミハエル・アンヘル・ヒメネスが、同じ4番でバーディを奪ったため順位が入れ替わってしまった。しかし、続く5番パー4で崔が2打目を直接カップインさせ、再び首位に浮上。さらに13番パー5では、2日連続となるイーグルを奪い、通算26アンダーまで伸ばし欧州ツアー初優勝を果たした。

崔京周のゴルフはアジアンツアーから始まった。アジアンツアーで賞金王になり、1999年に日本の「キリンオープン」に出場し優勝。その年の「宇部興産オープン」にも勝ち、2000年から米ツアーに挑戦している。その米ツアーでも昨シーズン「コンパッククラシック」と「タンパベイクラシック」で2勝し、トッププロの仲間入りを果たした。そして、今週の優勝で4ツアーに跨る勝利となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 リンデ・ドイツマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。